30周年記念特設ページ

このページについて

このページは、TTC30周年を記念しての特設ページです。 第30回記念定期演奏会の模様をお伝えするほか、30周年を記念してのみなさまからの祝辞やメンバーからのメッセージも掲載する予定です。

第30回記念定期演奏会

平成21年10月11日、東京大学安田講堂で東京大学トロンボーンクラブ第30回記念定期演奏会が開催されました。

当日はこれ以上ないほどの秋晴れに恵まれ、350人を超えるお客様にご来場頂きました。 チラシを見たお客様の他、観光などで偶然通りかかったお客様もいらっしゃり、普段トロンボーンアンサンブルを耳にされない方にも楽しんで頂けた模様です。 お客様の中には、普段は入れない安田講堂の内部をしげしげと眺めている方もいらっしゃいました。

曲目などにつきましては、こちらをご覧ください。

祝辞

30周年記念定期演奏会にあたり、各方面のみなさまから祝辞を頂きました。

東京大学トロンボーンクラブと今井順夫先生、クラブの創立30周年おめでとうございます。 皆様と同じく音楽とトロンボーンを愛する者として、心より嬉しく思います。 これからも真剣に、でも何よりも楽しく音楽を演奏していってください。 東大トロンボーンクラブのますますのご発展を遠くアメリカよりお祈りしています。

神田めぐみ(ミルウォーキー交響楽団 首席トロンボーン)

親愛なる東京大学トロンボーンクラブの皆さん、30周年おめでとうございます。 これからも末永くトロンボーンの素晴らしさを広め続けて下さい。 お祝いに、私が編曲したトロンボーン・アンサンブルの楽譜を贈ります。 是非それを演奏し、楽しんで下さい。

ジェイ・フリードマン(シカゴ交響楽団 首席トロンボーン)

TTCの素晴らしい30周年を心よりお祝い申し上げます。 私は、東京に何度も行ったことがあるので、皆さんがいかにトロンボーンと音楽を愛し、情熱を傾けているかを知っており、 とても素晴らしいことだと思います。 これからも偉大な業績を積み重ねて下さい。40周年を祝う日を楽しみにしています。

マイケル・マルケイ(シカゴ交響楽団、ノースウェスタン大学ビーネン音楽院教授)

東京大学トロンボーンクラブの皆さん、30周年に深い敬意を表します。

このお祝いに当たり、皆さんがアンサンブルを作る過程で味わったハーモニーと喜びの瞬間を今一度思い起してみて下さい。 しかし、このダカーポは、単に曲の終わりに至るための回帰ではなく、「ダルセーニョ」、すなわち興奮に満ちた新たな方向に向けて発展するための回帰であるべきです。 繰り返し基本に立ち戻りながら、新たな世界を開拓していけるよう、ロンド形式を常に意識して下さい。

皆さんのハーモニーがぴったり合い、スライドがスムースに動きますよう。 また、皆さんの音楽が多くの人に喜びをもたらし、自己啓発的なものでありますよう。 TTCの次の30年、そしてさらにその先に向けての発展を心よりお祈り申し上げます。

    カール・レンテ(インディアナ大学ジェイコブス音楽院教授)